クラウドの活用で会社の勤怠管理はここまで便利に!

subpage01

これまで会社などでの勤怠管理の定番といえば、紙によるタイムカードなどが主流でした。
しかし、ITシステムが発展してきた今では、勤怠管理のシステムも多様なものになってきています。



そもそも、これまでの従来型の勤怠管理の仕組みはどうしても不便な面がありました。

たとえば、紙によるタイムカードを用いたシステムでは、古い製品では、出退勤の記録が紙に印字されるだけで、そうしたデータの集計を行うには、紙への記録を担当者が改めてデータに入力したり紙に書き出したりするなどの手間があり、時間もかかる上、手作業を介することによる作業の正確性に課題がありました。
一方で、現在の勤怠管理のシステムでは、社員証などのIDカードや交通ICカード、生体認証などで出退勤などを記録することができ、こうして記録されたデータはシステム上に記録され、その集計や出勤状況の確認などをはじめ、さまざまなデータをコンピュータ上で確認・集計・操作することができるため、集計業務の効率化や正確性の向上が期待できます。

こうしたシステムは、最近ではクラウドのシステム上で提供されるものが増えています。
クラウドは、自社のコンピュータ上でなく、Webを経由した外部のシステム上にデータが記録される仕組みですが、そのメリットは多数あります。まず、クラウドのシステムを導入する場合、自社にサーバーなどのコンピュータを用意してインストールする必要がないため、導入が楽になります。

ロケットニュース24関連情報サイトです。

また、データはWeb上に保存されているので、インターネットにつながっていれば勤怠状況をいつでもどこでも見られることは大きな利点です。



こうしたクラウド型のシステムの多くは、外出時に社外からPCやモバイルデバイスで打刻ができる機能も備えています。


クラウドの勤怠管理システムでは、1ユーザー月額数百円から始められるものも多く、まず試してみたい、という企業にもおすすめできるシステムです。