勤怠管理システムを導入するメリット

subpage01

タイムカードをやめて、その代わりに勤怠管理システムを導入するメリットがいくつかあります。まずはタイムカードを導入している時の業務を圧縮することができるというものです。
タイムカードを導入していると、集計や給与計算ソフトへの入力などが必要になります。



数人程度であれば問題ありませんが、100人単位になっていくとかなりの労力になり、それだけで結構な業務量です。


勤怠管理システムを導入すれば、これらの業務が限りなく減り、エラーがあるかないかだけを確かめればそれでOKとなります。

業務が減るということはそれだけ人件費を削ることができます。1人がタイムカードの入力や給与計算ソフトの管理などをしていたものがほぼなくなったとすれば、少なくとも1人分の業務量がなくなったということが言えます。2人分であれば2人分のものがなくなり、その分のコストがかからなくなります。

残業をしているケースの場合には更なる効果が期待できるため、勤怠管理システムの導入はメリットがとても大きいことが明らかです。

安心安全のYOMIURI ONLINEの情報をお知らせいたします。

タイムカードも以前は有効なやり方でしたが、保管をするとなると結構場所をとり、少なくとも3年間は補完しなければなりません。
勤怠管理システムを導入すればシステムの中に保管することができたり、外部にデータを送り、そこで管理することもできます。



管理がしやすく、それでいてコスト面でも劇的な効果が期待されることから、勤怠管理システムを導入する企業は増えています。