勤怠管理システムにおけるクラウド型のメリット

subpage01

勤怠管理は、会社にとって社員の健康管理を行う上でも、業績を上げる上でも非常に大切なものとなってきました。


社員が長時間労働で体調を崩してしまうと、社会的にもイメージを損なってしまいますし、当然、要員不足に陥り業績に大きく影響することは言うまでもありません。



その一方で、勤怠管理は非常に労力を有する業務であることも間違いありません。

goo ニュースの情報検索ができます。

そこで、各企業は勤怠管理をシステム化して、事務負担の軽減と事務ミスの根絶に努めています。



具体的には、スマートフォンなど、個人が特定できる機器類にアプリなどをダウンロードさせ、出勤、退勤時にアプリを起動させ、勤務時間を管理しようと言うものです。

これまでは、タイムカードといっても、最終的には手作業で個々の労働時間を算出していましたから、これだけでも大きな進歩と言えるでしょう。
さて、こういった勤怠管理システムについては、クラウド型と非クラウド型と呼ばれるものがあります。

前者は、インターネット回線を活用してソフトを起動させるものですが、故障が少なく、アップロードも自動で行なってくれますので、余計な手間がかかりません。

ただし、毎月、使用料やメンテナンス費用が必要となりますので、ランニングコストがかかってしまいます。
クラウド型のものは、いわゆるシステムを買い切ることです。

維持費や更新料が必要ない変わりに、システムがバージョンアップしても、無償提供とはなりません。コストパフォーマンスだけを見ると、非クラウド型を選びたくなりますが、システムの拡張性やメンテナンスを考えると、クラウドの方にやや分がありそうです。