勤怠管理システムの導入で不正がなくなる

subpage01

コスト面の観点から勤怠管理システムの導入を目指す企業が増えていますが、実際にはその効果以外にも様々なメリットがあり、特に不正打刻の心配がなくなるのが大きいという声があります。



例えば、誰かが遅刻をした場合、同僚にお願いして事前に打刻をしてもらい、何食わぬ顔をして会社に行けば、誰かが密告する、厳重な管理をしているということがない限りは不正を見破るということはできません。


勤怠管理システムであれば、入場退場のところで打刻するようにすれば、そのような不正打刻ができなくなります。

また、会社でノー残業デーやこれ以上の残業はやめようという運動がある中、黙って仕事をしようとする人もいます。
その場合、打刻を先にしておいて、その後も会社に残るということが可能になってしまいます。

このやり方はサービス残業や過労死の原因にもなり、会社としても責任が問われる要素です。
そうならないためにも、勤怠管理システムを導入して不正打刻を減らすことが求められます。

OKWave情報選びに特化したポータルサイトです。

勤怠管理システムにも種類があり、静脈で認証するもの、指紋や声紋など様々な方法で本人確認をするものが出ています。



コストをかけたくない場合にはICカードなどを使ったもの、そこに監視カメラをつけて出入りを確認するシステムにするだけでもこうした不正はなくなります。
労働時間の管理をする場合、こうしたものを導入することで将来的な訴訟リスクなどを減らすことが可能になっていきます。