勤怠管理システムの効果

subpage1

一般的に、会社は従業員の出勤時間や退勤時間、欠勤状況、休暇の取得状況などを正確に把握して給与や残業代の計算、有給休暇の取得日数の管理等を行います。



勤怠管理をきちんと実施しないと、社員の労働時間を正確に把握できなくなりますので、社員の実労働時間に対応した適切な賃金を支払うことができず、未払い残業代をめぐるトラブルが生じる危険性が高まるほか、過重な業務によりメンタルヘルスの不調をきたしたり、最悪の場合には過労死や過労自殺といった事態を引き起こす可能性もあります。


一昔前であれば、社員が打刻したタイムカードを月末になると庶務担当者が手計算で勤怠管理をしており、時間がかかるだけでなく計算ミスや支給などが発生したりしていましたが、現在では、さまざまな勤怠管理システムを選ぶことができます。
最近の勤怠管理システムは、出勤・退勤を記録するだけのものではなく、経費の精算ができたり従業員の労働生産性を把握できたり、勤怠管理、経費・交通費精算でそれぞれのワークフローを定義することができたりと、煩雑だった業務を改善することができるものも多く、また、新しいシステムの導入のハードルが高い場合は、例えば紙の出勤簿ソックリなものもあったりします。

Yahoo!知恵袋の情報を幅広く扱っているサイトです。

選択肢が増えたこともあり、多くの勤怠管理システムは他のサービスと明確に差別化できる長所を持っています。
月額費用も1ユーザーあたり100円を切るものがあったり、勤怠管理だけでなく、就業管理や経費精算、工数管理、電子稟議などの基幹業務をまとめて管理するシステムも出てきています。

企業のコンプライアンスが社会的に求められるなか、適切に勤怠管理を実施することは、企業が永続的に活動を継続していく上で必要不可欠です。



もし、あなたの会社がきちんと勤怠管理ができていないのであれば、勤怠管理システムの導入についても検討してみましょう。

企業の話

subpage2

コスト面の観点から勤怠管理システムの導入を目指す企業が増えていますが、実際にはその効果以外にも様々なメリットがあり、特に不正打刻の心配がなくなるのが大きいという声があります。例えば、誰かが遅刻をした場合、同僚にお願いして事前に打刻をしてもらい、何食わぬ顔をして会社に行けば、誰かが密告する、厳重な管理をしているということがない限りは不正を見破るということはできません。...

next

企業の重要知識

subpage3

タイムカードをやめて、その代わりに勤怠管理システムを導入するメリットがいくつかあります。まずはタイムカードを導入している時の業務を圧縮することができるというものです。...

next

納得の事実

subpage4

これまで会社などでの勤怠管理の定番といえば、紙によるタイムカードなどが主流でした。しかし、ITシステムが発展してきた今では、勤怠管理のシステムも多様なものになってきています。...

next

基本知識

subpage5

勤怠管理は、会社にとって社員の健康管理を行う上でも、業績を上げる上でも非常に大切なものとなってきました。社員が長時間労働で体調を崩してしまうと、社会的にもイメージを損なってしまいますし、当然、要員不足に陥り業績に大きく影響することは言うまでもありません。...

next